サイトメニュー

切らない美容整形

鏡を見る女性

手術しないで手術と同じ美容効果が得られる

美容医療は手術だけではなく、切らない治療方法も確立しています。その中でも特に手軽で簡単な治療方法なのがボトックス注射治療です。注射するだけの治療内容なので、手術に不安があった方にも適しています。手術しないと得る事ができなかった美容効果が日帰りの注射治療だけで済みます。効果は永久的ではないですが、永久ではない事は元に戻ると言う事です。戻したいと思った際には、効果期間が過ぎても再治療を受けなければ可能です。ボトックス注射治療の効果期間は平均で6か月程で、その期間が過ぎてもすぐには元に戻りません。徐々に自然な形で戻っていきます。反対の治療後もすぐには効果が現れず、1週間程から感じ始めて1か月程で安定します。施術後劇的に変わらないので、周囲の方に美容整形治療を受けた事がバレる心配はありません。副作用はなく、腫れたり赤みが出たりするダウンタイムもほとんどないので、治療後すぐに普段通りの生活を送れます。ボトックス注射治療で使用されている薬剤はボツリヌストキシンというたんぱく質で、医療現場でも長らく顔面麻痺等の治療に使用されてきました。安全性は確立していて、副作用もなく手軽で生活を変える必要もないので、多くの方から選ばれています。

ボトックス注射治療の薬剤には副作用はなく、世界中でもその報告はありません。このボトックス注射治療は万能のものではなく、当然対象者があります。ボトックス注射治療が対象となるのは筋肉が要因の美容トラブルです。筋肉が細かい収縮や発達して肥大している事で、表情を作った跡のしわや顔や脚が太く見える場合が治療対象となります。ボツリヌストキシンは筋肉への神経伝達物質の分泌を抑制する効果があり、それにより筋肉の緊張を緩和し過度な収縮を抑制します。また筋肉の緊張を緩和したり過度な働きを抑制したりするので、使用が抑えられた筋肉は徐々に細くスリムになっていきます。これらの効果を美容医療に転用したのがボトックス注射治療です。美容クリニック等で受ける事ができ、施術は当然医師が行います。副作用のないボツリヌストキシンですが、注入量には個人差があります。また筋肉は様々な部位と連動していたり折り重なったりしているので、正確に注射する事が必要です。その為、治療後も医師の指示で経過診察を受ける事が求められます。もし希望する効果がない場合は、追加で無料治療を受ける事ができます。治療からサポートまで美容クリニックで行ってくれます。ボトックス治療は副作用は薬剤にはないですが、医師の腕次第で効果に変化はある事は知っておくべきでしょう。